世にも美しいアルビノ生物たち。雪のような肌、毛並みに思わずため息。(第1弾)

アルビノという名前を聞いたことがあるひとは少なくないと思います。メラニンの遺伝子情報の欠損により、メラニンが欠乏する疾患です。
アルビノワニ
photo by Edgar Zuniga Jr.

スポンサーリンク


いまでこそ、世に知られた「アルビノ」ですが、突然変異のように白い体をもち生まれてくるその容姿は、昔から信仰の対象となったり、逆に迫害の歴史になったりしていました。

アルビノは人だけでなく、もちろん動物界にも起こります。こちらアルビノのワニ。美しいですね。
アルビノワニ
photo by HarshLight

その特殊な色以外、大きな違いはありませんが、やはり視力や皮膚が弱かったり、皮膚がんにかかりやすかったりするそうです。しかし、その儚さの裏返しのような美しさは、やはり見るものを魅了します。

日本でも、アルビノ・エンターテイナー粕谷幸司さんという方が活躍されています。すごくキレイな髪ですね!
アルビノ

そんな美しく神秘的なアルビノの動物たちの姿。

アルビノのフェレット。雪国で暮らす“テン”みたいですね!
アルビノフェレット
by Tambako the Jaguar2

こちらはソフトバンクのお父さんではなく、ディンゴという野生の犬。
アルビノディンゴ
photo by TheGirlsNY

ちなみにこちらが通常のディンゴです。
ディンゴ
photo by Brian Giesen

こちらはカニグモ。白いですね。なんだかブラックライトの下につれていったら光りそうな色です。
アルビノ蜘蛛
photo by DiscoveringNewSpecies

さらにこちらはアルビノのアフリカツメガエル。アルビノカエル
photo by kuribo

元の色はこちら。いかにもカエルらしい色です。
カエル
photo by jfinnirwin

最後はこちら。白い孔雀です。よく見る気がするので白い種類の孔雀がいるのかと思っていたのですが、アルビノだったんですね。驚きです。
アルビノ孔雀
photo by WireLizard

確率的には1/20,000と言われるアルビノ。自然界では目立ってしまうためどうしても生存率が低いようですが、その美しさにはなんだか神聖さまで感じます。

さて、第2弾はこちらをご覧ください。
アルビノ動物第二段!雪のような真っ白い体に思わずうっとりしてしまう厳選画像!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー: 大型動物  タグ: , , , .
Return to Top ▲Return to Top ▲