テンレック!マダガスカルに住む“偽”ハリネズミの異様すぎる見た目。

まだ、知らない生き物が沢山いるんだなぁとしみじみしてしまいました。このポンデリングみたいな生き物、テンレックという生き物です。
テンレック

スポンサーリンク


このテンレック、阪神タイガースファンのハリネズミと言うべきか、蜂に擬態しようとしているヤマアラシと言うべきか、とにかく毒々しい黄色と黒の針姿という、異様すぎる見た目をしています。
テンレックマダガスカル
どこからどう見ても珍種のハリネズミなのですが、じつはこれハリネズミではありません。アフリカトガリネズミ目というネズミの種類。

マダガスカル諸島だけに生息する固有種で、恐竜時代からその姿を残す、原始的な生き物です。
テンレック絶滅危惧
photo by Frank.Vassen
生態的に面白いのは、哺乳類の中でもかなり多い、一度に32頭もの子どもを産むことがあったり、ハリネズミと違ってハリが抜けやすかったりするところ。

マダガスカル諸島がアフリカ大陸から切り離されてから、あまり同じような種もないので多いに栄えたのですが、ヨーロッパから持ち込まれた犬のせいで、今は数を減らしているのだそう。

この貴重な生き物、次のうん前年も生き延びて欲しいものですね。

名前:テンレック
英語:tenrec
体長:15~20cmほど/体重:100~200gほど
哺乳綱アフリカトガリネズミ目テンレック科テンレック属
たくさんいると可愛らしいですね~。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー: 小型動物  タグ: , , , .
Return to Top ▲Return to Top ▲