漫画から飛び出したようなでかく奇妙な鼻をもつ珍獣テングザル。人間のような表情に注目。

アトムの御茶ノ水博士ではありませんが、まるで漫画のようなでかく丸く奇妙な鼻を持つ猿。その鼻が天狗のようなので、「テングザル」と呼ばれています。
テングザル
photo by MartialArtsNomad.com

スポンサーリンク


むしろ顔のほとんどが鼻なんじゃないかという、巨鼻の持ち主です。

このテングザル、インドネシアのボルネオ島に生息する、大変数の少ない貴重な固有種。熱帯雨林、マングローブの林などで生活しています。

天狗ザルの鼻に関しては、詳しいことはわかっていないのですが、大人の、しかも男だけこんな鼻になるため、女性へのアピールだろうと言われています。
天狗
photo by chem7

メスのテングザルはこんな普通な感じです。
テングザル
photo by DavidDennisPhotos.com

他の動物では、孔雀の羽や、鹿の角のように立派で美しいアピールポイントがたくさんあるにも関わらず、こんなちょっと間抜けな感じのデカッ鼻になってしまったなんて・・・やっぱり生き物は面白いですね。

でも、メスはやっぱり大きい鼻がお好きのようです。
天狗猿
photo by belgianchocolate

名前:テングザル(天狗猿)
英語:Proboscis monkey
体長:70cmほど/体重:20kgくらい
動物界脊索動物門哺乳綱サル目(霊長目)オナガザル科テングザル属

葉や新芽を食べ、優雅にジャンプをし、川も得意なテングザル。なんだかよく見ると人間のようです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー: 中型動物  タグ: , , , , , .
Return to Top ▲Return to Top ▲