かっこいい昆虫たち!完全にナウシカの世界から飛び出してきた、目くるめく“ツノゼミ”の世界。

セミといえば、透明がかった茶色い羽があり、小さく丸い顔があり、カサカサとし、ミーンミーンとか、ホーシンツクツクとよく鳴き・・・というのが誰もが思う一般的なイメージ。しかし、「ツノゼミ」と呼ばれるセミたちは、その私たちの固定概念を、気持ちよいほど覆してくれるのです。
ツノセミコレクション

スポンサーリンク

ツノゼミとは、カメムシ目、セミ型下目に属する昆虫。普通のセミも同じ亜目なので、仲間なのですが、その姿はあまりに夢があります。“つのぜみ”という名前の通り、ツノのようなかたちをしたものがついているのが特徴。ヘルメットと呼ばれているそうです。

ツノセミ。猫の耳のようなぴょんぴょんっとはえたサイドと、中央に1本後ろに伸びるツノが可愛いです。
ツノセミ
by Ettore Balocchi
ツノゼミ
photo by Gilles San Martin

かっこよすぎる飛ぶ姿。Triquetraapicalisさんです。クワガタのような2本の角が立派です!
ツノセミ
photo by Didier Descouens

完全にナウシカの光景です。ミカヅキツノゼミかなぁと思ったけど違うみたいです。名前知ってる方教えてください。
角セミ
photo by gbohne

ウンボニア・クラシコルニス。葉っぱのような枝のとげのような擬態をしているツノセミ。色がすごいですね。
ツノゼミ

by M Hedin
photo by M Hedin1

これも立派な角蝉の仲間!なんだかバッタみたいです。
角蝉
photo by gailhampshire

種類は本当に様々ですね~。世界中に分布しており、その種類はなんと3200種類!日本でも16種類もいるというので驚きです。

見た目とともにもう1つ特徴が。食べるものは樹皮なのですが、食べた後に蜜を排出するため、蟻や蜂がその蜜を食べ、かわりに外敵からセミを守るという特徴があります。完全に平等な協定関係ですね。
蟻と共生

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー: 昆虫・微生物  タグ: , , , , , , .
Return to Top ▲Return to Top ▲