珍獣:チャコペッカリー!1974年まで“化石種”だと思われていたが実は現存していた絶滅危惧動物!

一度は絶滅をした動物と思われていたチャコペッカリー。そもそもその存在自体も確認されないまま、“化石だけで確認されていた生き物”だったのです。
イノシシじゃない

スポンサーリンク

photo y Just chaos

しかし、1974年に生きている個体がパラグアイで発見されて、現存種であるとわかりました。

見た目はイノシシのような動物なのですが、この動物の面白いのは群れの際の行動。
チャコペッカリー
photo by quinn.anya
移動する際は、1匹を先頭にして、一列で行進します。

そして、ジャガーなどの肉食動物が現れると、1匹がおとりとなって敵をひきつけ、その間に残りのものたちが逃げます。

もちろんそのおとりになった1匹は捕食されてしまうことが多いのですが、それでも、種の存続を優先して自ら犠牲となるのです。生きることが種の繁栄である動物ならではの特性ですね。
チャッコペッカリー
photo by tukaintheusa
そんなチャコペッカリー、絶滅したと思われていただけあり、現在も絶滅危惧種。パラグアイやアルゼンチン、ボリビアなど南米の森林地帯に生息をしていますが、農地や牧場などの拡大により開拓が進み、絶滅が心配されています。

名前:チャコペッカリー
英語:Chacoan Peccary
脊索動物門哺乳綱ウシ目ペッカリー科チャコペッカリー属
体長:92-111cm/体重:30-40kg

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー: 大型動物  タグ: , , , , .
Return to Top ▲Return to Top ▲