珍獣コビトカバ:小さく丸い可愛い世界三大珍獣の1匹である絶滅危惧種。赤ちゃんの可愛さは異常。

アフリカの西、リベリアやギニアなどに住む世界最小のカバ、コビトカバ。なんと世界三大珍獣のなかの1匹という、珍獣の中の珍獣です。
こびとかば

スポンサーリンク


このコビトカバ、体長は150-180cmくらい、そして体重は180-275kgくらい。小さくないじゃん!という感じもしますが、通常の大きさのカバは約350cm~400cm、体重は約1.2~2.6tあります。1/3くらいしかないんですね。

通常のカバは、ワニをも真っ二つにするくらいの力を凶暴性がありますが、このコビトカバは小さいため、普通に捕食対象になってしまうのだそう。小さい動物の捕食されやすさと、大きなカバや象のようなずっしり感。逃げにくいのに襲われやすいという、なんとも悲しい特徴です。
コビトカバ
そのためこのコビトカバ、普通のカバのように群れでは暮らしません。群れを作ってしまうと、発見されやすいからです。基本単独で行動し、危険が迫ったらヒュっと草むらや水に逃げこみます。

さて、このカバさん、1913年に捕獲されて存在が確認されるまで、昔の現地の人からは「黒いブタの怪物、ニベクヴェだ!」とか、動物学者にも、「どうせカバの奇形だろ?」とか思われ続けていたのだそう。しかも、ナイジェリアなど戦争が続く地域に暮らしているため、たいした研究もされず、生息数もよくわかっていない、謎の多い珍獣。しかも絶滅危惧種で野生のコビトカバの数は大変少ないといいます。
珍獣コビトカバ
上3枚 photo by Kabacchi

とはいえ、小さく飼育がしやすいため、動物園での飼育数は右肩上がり。上野動物園なんかでも普通に見ることができます。まん丸い顔に小ぶりな体。癒されることは間違いありません。ペットとして飼って見たくなってしまいます。
親子コビトカバ
photo by ltshears

特に可愛いのが赤ちゃん!!小さく、丸く、目が大きく、なんとも愛らしい表情。これはたまりません。

名前:コビトカバ
英語:Choeropsis liberiensis
動物界脊索動物門哺乳綱ウシ目(偶蹄目)カバ科コビトカバ属
体長:150-180cm/体重:180-275kg

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー: 大型動物  タグ: , , , , , .
Return to Top ▲Return to Top ▲