珍獣バビルサ:立派で強そうな牙・・・だけど用途は不明。自分に刺さって死亡も!?まさに珍獣。

下あごから生えた立派すぎる歯が特徴的なバビルサ。インドネシアに住むイノシシ科の生き物です。
バビルサ

スポンサーリンク

photo by Schristia

その特徴的な歯は犬歯で、頭に向かってぐるんと回るように生えています。

これだけ立派に生えていると、この牙で他の動物から身を守ったり、オス同士でセイウチのような血統をして死ぬまで戦ったり使われるんだろうなぁと想像してしまいますが、実際は特に何ににも使わないのだとか。使わないどころか、ぐるっと一周したつ歯が自分に刺さり、最終的に死亡してしまうものまでいるというのです。ある動物園には、頭蓋骨まで歯が食い込んでいるものもいたのだとか・・・

まさに「じゃあなんのために進化を・・・」とつっこみたくなりますが、その自分で自分を殺傷してしまう生き様から「自分の死を見つめる動物」という崇高な呼び名もあるそうです。うーん。。深良い話ですね。

わかっていることは、牙が立派なほうが繁殖に有利、というころ。使わないけど強そうな印象なのでしょうか。くじゃくの羽みたいな飾り的なものなんでしょうか。どちらにしろ面白いですよね。

何かに似てるなぁ似てるなぁと思ったのですが、もののけ姫にでてくる「おっことぬし様」に似てるんですね。あちらも牙が左右2本ずつ生えており完全に一致です。

名前:バビルサ
英語:Babyrousa
体長80~110cm

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー: 大型動物  タグ: , , , , .
Return to Top ▲Return to Top ▲