まさに珍獣!「ライオン×タイガー=ライガー」。ギネスにも認定された世界最大のネコ科動物です。

ペットショップに行くと、チワワとダックスフンドで「チワックス」とか、チワワとプードルで、「チワプー」とか、ミックス犬がいますよね。つまるところ雑種です。そんな雑種、犬界の世界だけではありません。なんとこんな動物もミックスになっているんです。

ライオン

スポンサーリンク

PHOTO by whippets.chrichri

父となる動物は、百獣の王ライオン。

オスは体重250KGにもなる猫科ではトラの次に大きな種。言わずと知れた強くたくましい肉食動物です。

そして母となる動物はトラ(タイガー)。

トラは世界最大のネコ科動物。成体は3mにもなる大型動物です。草原の王であるライオンに対し、森林の王であるトラ。
トラ
PHOTO by Dave Stokes

ライオンとトラのハイブリットとか、さぞかし強そうな感じです。

そして、その配合種がこちら、ライガー!
ライガー

なんだか、ベースはライオンなんですが、しっかりトラの模様が出ています。これはかっこいい。ちなみに父がトラで母がライオンの場合は、「タイゴン」と名前が変るようです。
ライガー
PHOTO by aliwest442

映像で見るとわかりますが、とにかくデカイ。でかいんです。でかすぎて世界一大型の猫科動物ということでギネスにも乗っています。

トラはどんなに大きくても300kgほど。しかしライガーは400kgにもなるかなりの大型種。そんな大型ネコ科動物がこんなにかわいくじゃれてくれるなんて・・といううらやましい映像がこちらです。抱きつきたい!!


スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー: 大型動物  タグ: , , , , , , .
Return to Top ▲Return to Top ▲